映画とテレビにおける、賭博と喫煙の結びつきとは

カジノ

映画館の暗がりで見るシーンやテレビの中のワンカットは、しばしば特定のスタイルや雰囲気を創出しています。中でも賭博と喫煙の組み合わせは、エンターテイメントの世界で長年にわたり描かれてきました。その結果として、人々のファッションやインテリアなどのライフスタイル領域、あるいは日本人ベッター用ブックメーカーのような娯楽領域など、私たちの文化にさまざま影響を与えています。本記事では、数々の作品で描かれる賭博と喫煙の結びつきを掘り下げ、その背後にある文化的な意味を探求します。

映画とテレビに見る、賭博と喫煙の効果

映画やテレビでは、リアルからCGまでさまざまなギミックが使用されています。そして、ある種の洗練さや危険な魅力を暗示する手段として、賭博や喫煙のシーンがその役割を果たしています。

たとえば、暗いバーの雰囲気の中でキャラクターがタバコをくゆらせる姿や、高級カジノでの緊張感溢れるポーカーゲームの描写は、キャラクターの個性や心理状態を視覚的に表現しています。これにより視聴者は、キャラクターが抱える内面の葛藤や、彼らが直面している社会的な圧力を感じ取ることができるでしょう。

賭博と喫煙シーンが魅力の代表的な映像作品

近年、Netflixを始めとしたコンテンツ・プラットフォームが急速に発展。その中で、賭博と喫煙のシーンが印象的なハードボイルドでスリリングな映像作品は、多くの人気を集めています。そこで、賭博と喫煙のシーンが魅力の代表的な映像作品を以下紹介します。

  • Peaky Blinders(ピーキー・ブラインダーズ)

Peaky Blindersは、第一次世界大戦後のバーミンガムを舞台にしたテレビドラマシリーズで、実在したギャング集団「Peaky Blinders」に着想を得ています。ストーリーでは、俳優のキリアン・マーフィー氏が演じるギャングのリーダー、トーマス・シェルビーが1920年代の混沌とした時代に賭博のビジネスを通じて彼の犯罪帝国を築き上げる様子が描かれます。

また、その時代を反映した服装や髪型、特にトーマスの象徴的なフラットキャップと煙草は、彼のキャラクターの複雑さと内面の葛藤を表現する重要な要素として描かれています。

  • Casino(カジノ)

Casinoは、映画界の巨匠マーティン・スコセッシ監督の描く映画であり、俳優のロバート・デ・ニーロ氏が主演を務めています。また、1970年代から80年代のラスベガスのカジノ業界を背景に、愛、欲望、裏切り、暴力、さらには主人公たちの内面的な苦悩が、賭博や喫煙のシーンを通じて描かれた作品となります。

物語は、主人公のサム・ロススティーンが賭博の才能を買われて、ラスベガスのカジノの管理者に抜擢されることから始まります。そして、サムの冷静なカジノ経営とは対照的に、彼の親友で暴力的な性格のニッキー・サントロや、野心的でトラブルを抱える妻ジンジャーの登場により、物語は次第に緊張感を増していきます。

  • The Wolf of Wall Street(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

The Wolf of Wall Streetは、ウォールストリートの株式仲介業者ジョーダン・ベルフォートの実話を基にした映画です。Casinoと同じくマーティン・スコセッシ監督が指揮を取り、見事アカデミー賞の主要5部門にノミネートされました。また、主演のレオナルド・ディカプリオは、本作品でゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を受賞しています。

26歳で証券会社を設立し、年収4,900万ドルにまで成り上がったジョーダン。破天荒な生き様と、そこからの倫理的な堕落を本作では描いています。また、ジョーダンの成功と過剰なライフスタイルは、賭博的なビジネス手法や豪華なパーティーのシーンで描かれ、喫煙、飲酒、ドラッグ使用が頻繁に登場します。これらはまさしく、彼の道徳的な崩壊と、貪欲な世界への没頭を象徴しており、視聴者に強烈な印象を与えてくれます。

Visited 11 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました